娘の中学受験で初めての個別指導塾

娘が小学六年生になった頃から、中学受験に備えて個別指導塾へ通ってもらうことになりました。あまり乗り気には見えなかったのですが、大切な娘にはどうしても私立の良い中学に通ってもらいたかったですし、勉強の質も高いだろうと考えて親からお願いしたのです。勉強が特に好きな子供ではありませんでしたので、不得意な科目はやはりいくつもありました。親が教えられたら良いのでしょうが、そのようなこともできず個別指導塾にはたいへんお世話になることとなりました。
学校の授業では、先生方はクラス全員に向けて授業を行なうことが普通です。教壇の上から教科書をなぞるように子供達に教えていき、分からないことがあればその都度尋ねるという形が、義務教育では一般的となっていると思います。それでも勿論十分な学習は受けられていると思うのですが、中学受験にも強い個別指導塾は一対一で生徒に合わせた学習をしてもらうことができるんですよね。娘の中学受験のときにはそのようにしてもらい、弱点である教科を重点的に教えてもらうことができました。また分からないところをピンポイントで繰り返し習うことが可能だったので、身につくのもとても早く、親から見ても成長が著しくてよかったです。